食べると吐き気がして不安だったけれど、3ヶ月で克服した事例を紹介

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

吐くのが怖くて、食事がとれない、外出が怖い、つらい思いをしている人はたくさんいます。

薬だけではなかなか良くならない人多いです。

そんな人にはカウンセリング(認知行動療法)が有効です。

しかし、「どんなことするの?」「本当に良くなるの?」という疑問がわいて治療に踏み出せない人も多いでしょう。

 

そこで、今回は吐き気が怖くて日常生活に支障をきたした方がカウンセリングを受けて改善したプロセスとインタビューをご紹介します。

 

実際に改善した人の話を聞くことは、希望につながります。

 

続きを読む


買い物依存症の治し方 対応策を考える時に知っておきたい2つのコト

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

買い物せずにはいられなくなる買い物依存。

クレジットカードやネットショッピングの普及で、買い物依存になりやすい環境になってきています。

ひどくなると借金まみれになり、生活が破たんします。

 

単に「買い物我慢しよう」と思っているだけでは、だいたいうまくいきません。

やめたくても、やめることができないから「依存症」なわけで。

改善のためにはコツがおさえるおくべきでしょう。

 

そこで、今回は買い物依存を治すためにどのようなことをしていけばよいのかについて説明します。

自己理解がすすみ、何をどうすればよいか手がかりになるはずです。

続きを読む


15回以上引っ越しを経験した私が教えます 新しい環境に適応するためにやるべきこと、やるべきでないこと

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

引っ越し、転職、退職等で新しい環境になった人が注意が必要です。

環境の変化は「引っ越しうつ」に代表されるように落ち込むきっかけになりやすいです。

特に新しい環境になじめない時は不安も強くなります。

私は高校卒業して実家を出て以来、15回以上の引っ越しをしています。

多くの場合、引っ越しの度に知人のいないところに一人ポツンと行っていました。

私は比較的知らない土地に行くことに抵抗は少ないのですが、気に入っていた地域から引っ越す時はつらかったのですね。

なかなか馴染めないこともありました。

 

そんな経験を乗り越えた私が環境の変化に馴染むコツについて過去にブログ記事に書いています。

新しい環境に馴染めないで困っている人や心配な人がどんな心持ちで何をすればよいのかがわかるようになります。

参考にしてください。

 

続きを読む


自己紹介で緊張する人が克服するために知っておきたい7つのコト

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

春の時期になると増える相談事の一つは、人前で話す時の緊張についてです。
自己紹介とか大勢の前で話すのが苦手な人多いんですよね。
よくあるのはPTAの役員になったり、仕事で異動となったりして、人前で話す機会が増えたとか。

話すことが苦手な人は、苦手なことを悪化させる行動や考え方をしています。

これを知っているか、知っていないかで大きな差が出るのです。

 

今回の記事では、人前で話すのが苦手な人が克服するために知っておきたい7つのポイントを紹介します。

実践していくことで、以前よりマシになってきますよ。

続きを読む


頭の中で強迫行為をしていないかチェックしてみましょう

 

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

強迫性障害の人は、手洗いや確認などの「強迫行為」をすることで悪化します。

一時的には安心するのですが、そのあともっとひどくなるんです。

麻薬みたいもの。

 

強迫行為は、手洗いや確認など目に見えるものとは限りません。

実は、頭の中でやっているものもあるのです。

 

頭の中で強迫行為をしていると、どんどん悪化していきます。

 

この記事では、頭の中での強迫行為についてどのようなものがあるか紹介します。

強迫性障害の方はチェックしてみてください。

 

続きを読む


パニック障害で電車に乗れない人のための克服法

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

パニック障害では電車に乗れないでいる人が多いです。

薬を飲んでもなかなか克服できず、何年も克服できずにいる人もいるでしょう。

 

電車にのっていろいろ自由に行けると、生活範囲が広がって、気分も良くなってきます。

でも、いきなり電車にのるっていうのも怖いでしょう。

そんな時は段階を踏んでやっていくとよいです。

 

この記事では、電車が怖いパニック障害の人がどのようなステップで克服していったらよいかについてご紹介いたします。

続きを読む


生活がつまらなくてウツっぽくなっている人が、楽しいことを見つけるコツ

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

家にいてやることないなぁって思うと、憂鬱だし不安も強くなりません?

考える時間があると、どんどんウツや不安に巻き込まれやすいのです。

対策としては、何か活動していった方が良いのですが、何をしたらよいか?って困りません?

何やってもなんかつまらないし、すっきりしないなー、生活が楽しくないなーって。

 

この記事では、生活を充実させるための活動をどのように探していったらよいかについて説明していきます。

よくうつ病の認知行動療法で使われているものを、ちょっとだけ簡単にして紹介します。

「なんかつまんないなー」って思っている人は参考にしてください。

続きを読む


嘔吐恐怖症を悪化させる原因をチェック 逃げると怖くなります

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

吐くことが怖い、嘔吐恐怖症を悪化させてしまう原因があります。

それは不安な状況から逃げる行動をとること。

逃げると不安は強くなるから。

この部分を改善していくことが、克服のカギになります。

 

この記事ではなぜ不安な状況から逃げることが悪化するのか?

どのようにすればよいのか?について、書いていきます。

 

逃げるのをやめ、うまく不安と付き合っていくことで嘔吐恐怖症は良くなっていくので、自分の逃げの行動をチェックしてみてください。

 

続きを読む


言い争いをしないで気持ちを伝える6つの方法 依存症の家族トレーニングにも使われてます

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

心の病気の方の家族の相談を受けることがあります。

よく聞かれるのは言い争いが多くなることです。

「あなたのここが問題だ」

「ちゃんと治療しなさい」

など言ってもうまくいかないものです。

どんどん関係が悪くなっていき、症状も悪化していきます。

これはコミュニケーションの方法がマズイことが一因です。

家族もそうですが、心の病気の本人も同じように関係がまずくなるようなコミュニケーションをとっているものです。

 

この記事では家族問題が起こったときに、どのようなコミュニケーションをとっていけばよいのか?どういうところに気を付けていったらよいのか?について説明します。

紹介する方法はアルコールなど依存症の家族トレーニングに使われているものですが、依存症関係なく、実践することで問題がスムーズに話し合われやすくなります。

続きを読む


ギャンブル依存症をチェックする方法

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

ギャンブル依存症は経済的なことだけでなく、借金のため人間関係が悪化したり、精神的につらくなったり、様々な方面で問題が起こります。

このため、気づいたら早めの治療が必要です。

今回はギャンブル依存症かどうかについてチェックする方法を紹介します。

あてはまるようなら、治療をやっているところに相談しに行きましょう。

続きを読む