「 強迫性障害 」一覧

車の運転が怖い!加害強迫を克服するためにやってはいけない6つのこと

浦和すずのきクリニックの鈴木です。

 

車の運転中に「誰かひいたしまったかも」と不安で何度も確認してしまう症状で悩んでいませんか?

 

強迫症(障害)の代表的な症状の一つです。

加害強迫と言われています。

 

なかなか治らず何年も苦しんでいる人も多いでしょう。

しかしご心配なく。

強迫症は認知行動療法で改善する病気の代表格です。

簡単ではないですが、努力次第で良くなります。

 

今回はこの症状を認知行動療法でどう克服していけばよいかについて説明します。

実際にやってもらうことで多くの人が改善します。

自転車で誰かひいたか怖い!って人も参考になるかと思うので乗り物系の加害強迫の人は参考にしてください。

続きを読む


【強迫症】知らないとマズイ!頭の中でやってしまう強迫行為とその対処法

浦和すずのきクリニックの鈴木です。

 

強迫症(強迫性障害)の人は自分がやっている強迫行為をきちんと把握できていますか?

強迫行為とは、不安な考え(汚れたのではないか?鍵をしめ忘れたのでは?)が浮かんできたときに、繰り返しやってしまう行動(手洗い、確認)です。

 

実はこの強迫行為をきちんと把握できていない人は多いです。

把握できていないと、強迫行為をいつまでもやってしまうので、ある一定のところからなかなか改善しません。

 

特に目に見える強迫行為(手洗い、確認など)はわかっていても、「頭の中でやってしまう目に見えない強迫行為」は知らない人も多いのではありませんか?

 

そこで今回は頭の中でやってしまう強迫行為とその対処法について解説します。

 

続きを読む


不潔恐怖の治し方 3つのステップとコツ

浦和すずのきクリニックの鈴木です。
このような症状で悩んでいませんか?

 

・洗っても汚れが落ちている気がせず入浴が長い

・汚いと思うものがたくさんあり、何か触る度に手を洗う

・家族にも手を洗わせる

 

強迫症という病気の中の不潔恐怖と言われているモノかもしれません。

日本人に多い強迫の一つです。

 

「手洗いを少しずつ短くしていく」ということをやりがちですが、それではなかなかうまくいかないことが多いです。

 

改善にはコツが必要です。

 

そこで今回は不潔恐怖の治し方について説明します。

 

続きを読む


不潔恐怖症の克服の流れを事例を通して説明します

 

浦和すずのきクリニックの鈴木です。

 

 

今回は強迫症(強迫性障害)の中の不潔恐怖が改善した事例について紹介します。

 

強迫症(強迫性障害)の中でも不潔恐怖は日本人に多いといわれています。

何時間も手洗いや入浴したり、触れるところが限定されるなど支障をきたします。

 

不潔恐怖は認知行動療法をやることで早く改善する可能性があります。

決して楽ではありませんが、実践することで症状は軽くなります。

 

といっても、実際にどんな感じですすめて、改善しているのかイメージがわかない人もいるでしょう。

 

このような時は実際の事例を知ることが一番。

そこで今回は不潔恐怖で悩んでいる方が改善した事例について紹介します。

 

※事例のご本人にはブログ掲載の許可は得ていますが、プライバシー保護のため内容を変更・簡略化しています。

続きを読む


なぜ加害恐怖症に「大丈夫」と安心させてはいけないか?治し方2つのステップ

浦和すずのきクリニックの鈴木です。

 

このような症状でお困りではありませんか?

 

・歩いている時に「誰かにぶつかってケガをさせたのでは」と考える。

・車を運転している時に「誰かひいてしまったのでは」と考える。

・包丁をにぎっていると「誰かを刺してしまうのでは」と考える。

 

強迫症という病気の中でも加害恐怖と言われているものです。

「他人を傷つけた」「他人を殺した」など、人に迷惑をかけてしまうことを恐れます。

不安なことが起こらないように何度も確認したり、不安な場面を避けて日常生活に支障をきたすようになります。

 

このような症状があると「自分は何もしていないから大丈夫」と安心しようとしていませんか?

実は、それがなかなか治らない原因の一つ。

やみくもにやっても改善しないどころか悪化していくだけ。

かといって、どのように克服すればよいか知らないという人も多いでしょう。

 

そこで今回は、加害恐怖をどのように克服していけばよいかを説明します。

実践することで、加害恐怖が軽くなり生活が楽になります。

 

続きを読む


縁起の悪い考えが頭から離れない!縁起強迫の超実践的な治し方

浦和すずのきクリニックの鈴木です。

 

縁起の悪いことが頭から離れない強迫症の一種、「縁起強迫」というものがあります。

こんな症状で悩んでいませんか?

・「4」「死」など苦手な文字や数字を避ける

・「○○しないと悪いことが起こるのでは?」と考え、特定の行動を繰り返す

・縁起の悪いことが頭に浮かんだら「良いイメージ」を思い浮かべ打ち消そうとする

 

縁起をかつぐことは誰でもありますが、いきすぎて日常生活に支障が出てくると治療が必要となります。

治療は薬か認知行動療法が有効であることが実証されています。

特に認知行動療法はもっとも治療成績が良いです。

 

今回は、縁起強迫をどのようにして治していけばよいか、認知行動療法やり方をもとに説明していきます。

縁起強迫が楽になっていくのでぜひ実践してください。

続きを読む


30年強迫性障害で悩んだけれど一ヶ月で改善!本人にインタビューしました!

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

今回は30年間悩んでいた強迫性障害の方が認知行動療法をやることで短期間で改善した事例を紹介します。

 

改善した人の話を聞くのはとても重要です。

強迫性障害の人にとって、認知行動療法が有効なのは知っていてもなかなか一歩踏み出せない人が多いです。

そこで実際に認知行動療法をやって良くなっ人の話を聞くことで、「やってみよう」というモチベーションが高まるでしょう。

 

またよくあるこのような疑問も少しは解消されます。

「本当によくなるの?」

「実際のところどんなことするの?」

「やっみてどうだったの?」
ご本人の好意で事例とインタビューを載せられることになりました。

強迫性障害の方は是非ご覧になってください。

続きを読む


帰宅した時に手洗いが止められない!不潔強迫の対処のコツ

浦和すずのきクリニックの鈴木です。
 
 
 
不潔強迫の人は帰宅する時にたくさんの強迫行為をしています。
 
「外の汚いものを家の中に持ち込みたくない」という類のことが中心です。
手洗いや、着替えをしないと自宅に入れない人はいませんか? 
 

 

不潔強迫は手洗いを短くしようとするだけではあまり改善しません。
 
克服のためには、帰宅時にやってしまう強迫行為をやめていくことが必要です。
また強迫行為をやめるだけではうまくいきません。
 そのあとにもやるべきことがあります。
 
 
そこで今回は不潔強迫の人がよくやっている、帰宅したときの強迫行為についての説明と、改善のコツについて説明します。
 
不潔強迫で悩んでいる方は参考にしてください。
 
 

続きを読む


本を何度も読み返してしまう強迫症の治し方

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

本を読む時に「きちんと読めていないのでは」と考え、何度も読み返して、なかなか先に進めない人はいませんか?

強迫症でよくある症状です。

読書や勉強、書類に目を通すなど、様々な場面で支障をきたすようになります。

このタイプは読書だけでなく、動画を見る時も何度も戻ってみてしまう、文字を書くときに完璧に書いたか気になり書き直すなど、似たような症状を併せ持つ人も少なくありません。

 

この記事では、読書をする時に何度も読み返してしまうタイプの強迫症状への対処法を説明します。

実践することで、読書が楽になってきますよ。

 

 

続きを読む


講演会で強迫症の人から出た質問の答えを紹介します

浦和すずのきクリニック、臨床心理士の鈴木です。

 

さいたま市保健所主催で、強迫性障害の講演会をやってきました。

一人で約2時間しゃべってました。

 

大宮ソニックシティ市民ホールでやったのですが、定員を超える応募があり急きょ増員。

しかし、それでも多くの方がキャンセル待ち状態で参加できなかったそうです。

自治体が強迫性障害の講演を企画するのは珍しいですからね。

 

質問コーナーでいろいろ強迫性障害の疑問について答えたのですが、他の強迫の方も同じような疑問をもっているだろうと思いましたので、質問の一部を少し内容を変えてこのブログでも書きます。

強迫で悩んでいる方は参考にしてください。

続きを読む