「 不眠 」一覧

睡眠と夢

臨床心理士の鈴木です。

暑くて寝ぐるしい日が続きますね。
眠れないという人も多いでしょう。

睡眠に「夢」はつきもの。
私のような職業をやっていると「こんな夢を見たけど、これはどういう意味?」と知人から聞かれることがあります。
色んな雑誌等で夢分析みたいのがあるので聞かれるのはわかっています。
そのようなことを専門としている同業者がいるのもわかっています。

しかし、あえてはっきりとしたことをいいますと・・・

そのような夢分析に、なんら科学的根拠はありません。
またそのような「治療法」も効果があるという根拠はありません。

このため私のカウンセリングでは夢の内容そのもの自体を扱うことは少ないです。
扱っても治療にはほとんど役に立つことはありません。
他の部分に取り組んでいった方がその人の役に立ちます。
分析内容の真偽はともかく、今後の治療的観点から役に立つように解釈するのは良いと思いますけど。

このように本当のことを言うとがっかりされることが多いです。
「深層心理」みたいなものが「心理学」だと思っている方も多いので・・・。

個人的には「なぜそのような夢をみるか」の本当のところはわからない方が良いと感じています。
どんな夢でも今後の役に立つように解釈できる機会が失われますから。

ただし
「どのようにしたら眠れるようになるか」
「悪夢に対してはどうしていけばよいか」
についてはご相談にのれると思います。

うつと不安のカウンセリング・認知行動療法ご希望の方は
浦和すずのきクリニックの受付、
または電話048-845-5566で「カウンセリングの予約」をして下さい。
他院通院中の方、どこにも通院されていない方も受け付けています。


眠れないときの羊

臨床心理士の鈴木です。

眠れないときにはどんなことを考えていますか?

実際のところ一番多く聞くのは「眠るときに嫌なことを考えてしまう」ということ。
悩んでいる時の就寝時間は嫌なことを考えやすい場です。

「嫌なことを忘れよう」としても忘れられないものです。

ではどうすればよいか?

そんな時の対処として昔から「羊が一匹、羊が2匹・・・」といった方法があります。
これはこれで余計なことを考えることを妨害することに成功することがあるのかもしれません。

しかし、なかなか眠れなかった場合は「羊が100匹・・・」と数が増えていくこと=眠れていないことの自覚、につながり眠れなくなります。
また有名な方法ということもあって、羊自体が眠れない意識を活性させることもあるようです。

不眠への対応としては様々な方法がありますが、どんな方法をとったとしても「眠ろう」という意識が強いとうまくいかないことが少なくありません。

まずは眠ろうとするに執着することから離れる練習が必要でしょう。

その練習方法としても認知行動療法があります。

以前にも書きましたが不眠への認知行動療法というものもあります。
特別なものではなく普通の認知行動療法がわかればすぐにできるものもあります。
しかし、睡眠薬のようにすぐに効果が出現するものではありません。
数週間~数ヶ月単位で粘り強くやっていくことで効果が報告されている方法です。
今すぐに寝た方が良い、という方には不向きかもしれません。
一方で睡眠薬以外の方法を知りたい、という方にはいいかもしれません。

うつと不安のカウンセリングご希望の方は
浦和すずのきクリニックの受付、
または電話048-845-5566で「カウンセリングの予約」をして下さい。
他院通院中の方、どこにも通院されていない方も受け付けています。